2005年11月18日

夢の中のあすっちゃ

 昨日、キノコパワ一から、○○○○○の夢をみた、というメールが届いた。
 顔を近づけられて迷惑したと嘆いていた。

 寝入りばなでそんなメールを読んだせいか、シンクロして、俺はあすっちゃの夢をみてしまった。

 まじで。

 夢に出てきたあすっちゃは男で、大した雰囲気じゃなかった。
 わりと普通に話をしていた。
 話の途中に、時折、目に凶暴なものが宿る以外、第一印象は「お前、ほんとにあすっちゃか?」というもの。
 この時点での、あすっちゃたる唯一の証左ともいうべき目の輝きさえも、少々、怪しいといったレベルだ。

 夢特有の脈絡のなさが作用して、公園で宴会していたはずが、唐突にシティホテルに場面は移動。
 俺とキノコとあすっちゃの3人である。
 パソコンが設置された、スィートルームみたいなところだった。
 夜景が綺麗だった。

 あすっちゃと夜景を観るのが夢だったけど、こんなムサイあすっちゃ要らない、と思った。
 そんな俺のロマンスとは無関係に、夢は続いていく。

 あすっちゃ、キノコ、俺でいろいろ話したけど、夢にありがちな不条理な力学が発生し、ずっと訊きたかった「お姉ちゃんは?」の一言が言えないまま。

 この期に及んで、お姉ちゃんを求めているあたり、自分のあすっちゃへの愛がホンモノであることを、ユング的に把握するキチガイカナユニであった。

 夢のキノコは抜け目がなくて「カナユニさん、あすっちゃかどうか、まだ確定じゃないから、そこらへんちゃんと調査しましょう」と提案する。

 目には「ホンモノだろうが、カタリだろうが、どっちにしろ後でボコボコにするぞ」という決意がみえる。
 怖いよ、あんた。

 事実関係の把握に努力することは、俺も賛成だから、冷静に本人確認しようとして、狩場なんかをヒヤリングした。
 が、そもそも、行ったことないような場所の話をされても意味が分からない。
 ああ、あそこの大精霊は緑がはずれだぉ、と無理矢理話を合わせようとしていたら、キノコとあすっちゃが冷たい視線で俺を眺めていた。

 もじもじするカナユニ。

 キノコが「あすっちゃならインしてみろ」とか「金色みせろ」とか言っていた。なぜか、その時だけ口調が魔王切り裂きなんだが、これもまた夢の不思議なところであろう。

 アカハックの問題もあるので、最初は躊躇したあすっちゃではあったが、俺とキノコの2人が後ろを向いたら、インするという。

 で、二人で後ろを向き、カベを見つめながら小声で俺が「なんかさ、あすっちゃ、いい奴じゃん? 普通だし」と囁くと「偽者かどうか、まだ確定していませんよ。それに、ホンモノだとしても、馴れ合う気はありませんから」とシェルラズみたいなことを言う。

 キノコの目に残忍に光が宿りだしたので、あすっちゃ連れて逃げるかどうか、思案するカナユニ。

 そんな逡巡ののち、あすっちゃが「OK」というので、キノコと振り返る。

 画面中央に、ほんとに金色のキャラがいた。

 ここでも不条理が働く。本来、言って当たり前の「ステみせろ」とか「装備は?」とか「あすっちゃって名前出るようにカーソル移動しろ」と言えずに、それ以上の調査はなぜか出来ない。
 夢ってもどかしい。

 しかし、これで俺もキノコも、目の前の男をあすっちゃと断定して、捕獲に移ることになった(エル風にな)。
 しかし同時に、夢の中の第3の目ともいうべき、メタ領域な声が俺に囁く。

「でも、イベントだから、ほんとは虹にならないと、65以上確定にはならない」。

 イベント中、ほとんどインしてなかったくせに、自分はなんでそんなことを思うのだろう、と不思議な気分。

 あすっちゃには知らせていないが、呼んであったNashell、テラ蔵、蒔子の3人が、そろそろこの部屋に着く頃だなぁ、と思いながら目が覚めた。
 Nashellとテラ蔵に、なんで蒔子が混ざっているのか、やっぱり夢は不条理だな。
posted by カナユニ at 15:50| Comment(2) | TrackBack(0) | リネ1-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

spmaが

 spamが増えてきました。
 普通の荒らしや叩きなら、枯れ木も山も賑わいということで、面白いのですが、exeファイルを直接、あるいは間接で叩かせるものです。
 PCの初心者は、普通にウィルスに感染したり、スパイウェアが仕込まれてしまいます。

 ということで、コメントは全て承認制にしました。
posted by カナユニ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | リネ1-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

狩り狩り狩りの狩り三昧

 たまには狩りの話でもするか。

 今日は土曜日ということで、一日中リネ。

 ゼンチャで公募して、とりあえず81Fに。
 5人くらいかな。
 強いの出てきて(何が出てくるのか、知らんのだよ。ごめんな)、1end。
 b-zelを3枚ほどゲッツ。うまー。

 84FにいたDispenseをendさせ、赤を引いてしまったので、夢幻で狩り狩り。

 アラを戻し終わってから、FIのミノゾーンに単騎で400時間くらいこもって、lev52にする。
 イベントのお陰で黒変身! イエイ!!!

 クラチャで「暇だからグリムでもいくか」という話になったが「絶対死ぬからヤダ」とのこと。

 仕方ないから、友達にwisして、PT編成。
 サモラーノ、サブちゃん、こいぼけ、あすっちゃ、dogskiller、新ベガ鯖鉄平、けいけい、商人カナユニのフルPT(ってか、フル過ぎる)。
 deが2人、kniが2人、elf3人、wiz1人。

 92Fで天乃のウレ天影からキャンセルくらうも、あすっちゃが「あすっちゃぽ!」と注意すると「ごめん、間違えたぽ」と、大丈夫だった。

 ただ、Dogskillerの怒りは収まらないらしく、ホモろうとするのを、サブちゃんが理性的になだめて、事なきをえる。
 殺し屋アランの体で我慢する、とかなんとか意味不明のことをブツブツ呟いていた。

 95Fで中華もいたけど、こいぼけが意味不明の踊りをはじると、逃げていった。「その踊り、10Mくらいで売れるんじゃないの?」と助言してみたが「古代スクただでください」しか言わないので、話が通じない。

 96F到着。
 新ベガ鯖鉄平は「傲慢詐欺」というのをやるというので、ここで途中離脱。露天放置して、copをcoiだと偽って売ると、すげーよく売れるらしい。

 途中、MPKしながら、敵対を飛ばしつつ遊んでいたら、グリムリーパー発見。

 グリムリーパーはアイスダガーを打つと、リーパーを召還する。
 これウラ技。
 面白いから、やってみたら、ほんとに召還して、Dogskillerにすげー怒られる。

 リーパー12匹湧く。

 風エルフの俺がリーパー引く。

 途中でサモラーノが誤爆して、俺にメテオとDIG。再びend。
 Gレスで生き返ったが、ミスして空の白チャをしてしまい、スイッチの入ったけいけいが襲い掛かってきた。
 2end目。
 ミスとはいえ、お互いに熱い戦いができたので、満足。あすっちゃが軽蔑の眼差しで俺とけいけいを眺めていたが、気にしなーい!

 サブちゃん、Dogskillerでグリムをbox。そこに、生ハム食い終わったあすっちゃが加わり、軽くグリムend。
 ドロップは100Fアミュ、512012A、ツーハンドソードなどなど。

 グリムにレスして、こいぼけがティム。
 喜んでいた。

 だいたい、そんな1日。

【今日の戦利品】
封印傲慢の塔100階護符:1個
耐水指輪:2個
召喚制御指輪:6個
ホモ:2人
あすっちゃリング:1個
精神腰帯:1本
祝福武器強化巻物:5本
祝福防具強化巻物:3本
こいぼけ:1こいぼけ


 ジャンルは「病気」にしてみた。
posted by カナユニ at 13:54| Comment(8) | TrackBack(0) | リネ1-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

ひさしぶりにPCから

 裏切ったり、裏切られたり。
 戦国の世は、はかないね。

 以前、ハイネ城主だった頃、侍従長のフィッシャーとは、よくそのことで話をした。

 日本でもっとも有名な戦国時代といえば、安土桃山時代ということになるが、最後までまっとうされた同盟は、織田信長と徳川家康の清洲同盟だけだ。
 とはいえ、信長は家康に実の息子を殺させたり、たいそうな無茶苦茶をやっている。
 フィッシャーが教えてくれた。

 彼が私に、何を示唆したかったのか、この時は分からなかった。

 歴史に精通していたフィッシャーであったが、本業といえる国家運営の業務範囲は広く、多忙を極めていた。
 当時の私は、よく激務で倒れないものだと感心したものだった。

 彼の担当領域は、税率および税収管理、設備修繕、傭兵雇用、状況説明と多岐にわたる。

 内閣でいえば、財務大臣、建設大臣、防衛庁長官、官房長官を兼任しているようなもんだし、日銀総裁的な動きもなくはなかった。

 そもそも、城主というのは就任当時、何も知らない場合が多い。
 と考えると、就任した時点で適切なアドバイスで導いてくれた侍従長は、どちらかといえば大臣ではなく、官僚に近かったのかもしれない。
 フィッシャーは、政治学者の立花隆や、故田中角栄の第一秘書をつとめた故早坂茂三らとも親交があり、角栄の功罪を認めた上で、彼のマネージメント能力について高い評価をくだしていた。
 角栄の人情話がメインではあったが、官僚のやる気を出して「仕事をさせた」ノウハウやエピソードをさりげなく織り交ぜて、私に伝えた。
 フィッシャーも、自身を官僚と見立てている向きがあったかもしれないと思ったのは、この時であった。

 角栄にならい「責任は俺がとる。諸君はやりたいように進めてくれ」とフィッシャーに言ったところ、見事に税収が赤字になったのには、驚いた。
 しかし、これとても考えてみれば、私の故郷であるニッポンをトレースすることで、望郷の念を満たしてくれたのかもしれないと、最近は好意的に解釈している。
 それほど、フィッシャーと私の友情は強固だった。

 ハイネ城城債の発行を検討し、フィッシャーと2人で研究会を設置したあたりで、世に言う「いくいくちゃん解散」となり、政局は混乱を極めた。

 私は当時のフィクサーである、黄金神あすっちゃから蟄居を命じられ、ドワ城主になるまでは、野にくだっていた。敵対勢力と認定されたようだった。
 フィッシャーの「殿、必ずや、必ずや」という悲痛のうめきを遠くに聞きながら、荷物をまとめた。

 ドワ城には、ポテンピンという侍従長がいたが、動物やいくいくちゃんの派閥にあり、私に胸襟を開くことは一度もなかった。
 私も私で「コイツ、変な名前」という差別意識があり、互いの溝を埋めることなく、ドワ城はシェルラズの手に渡った。
 フィッシャーとの仕事に慣れきっていた私には、ポテンピンの愚鈍さが許せなかった。

 ケントの焚火に手をかざしながら、無為な日々を過ごしていると、携帯にメールが入った。

「ハイネとりました。遊びに来てください」

 キノコパワ一だった。

 表敬訪問しようと思い立ち、私は懐かしいハイネの地を踏むことになった。
 湯気カナユニのケントからハイネまでの長い長い旅がはじまった。

 実は現在、商人カナユニはIncredibleに在籍している。
 以前に「キノコの前でキノコだったらIncreに入る」という妙な約束が取り交わされていたので、それに従った格好である。

 そんなわけで、ハイネ城内に行きたければ、商人カナユニでインをして、血盟帰還スクを使えばよかったのだけど、この時はあまりそういう発想がなかった。
 思いえば、二重に過ちを犯したことになる。

 ケントからハイネまで歩き、町で休息をした。
 税率が50%になっているのを見て、蒔子かサモラーノでも閣僚入りしたのかな? などと、キノコパワーのサプライズ人事に思いをはせたり。

 ただ、私はキノコパワ一への祝辞よりも、もっと大きな目的があった。

 そう、フィッシャーとの再会である。

 ハイネの町の南から歩く。
 オウルベアーやラミアが襲い掛かってきたが、フィッシャーとの邂逅に胸踊る、ハイテンションな私の敵ではなかった。
 自慢の+6n-damaが火をふき、バタバタと崩れ落ちる化け物ども。シャケを1枚ゲットした・・・

 やがて、城の北門を抜け、キノコの待つ城内へ。

 キノコとの会談もそこそこに、私は、フィッシャーのところまで駆け寄った。

 懐かしい友よ!!!

051107-fi.gif

 我ながら、酷いオチだな。


追伸 ジャンルは「ガーデニング」にしてみた。
posted by カナユニ at 01:39| Comment(3) | リネ1-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

感動した

 ナの国のRedStarがmixiで紹介していたサイトを何気なく訪問してみたら・・・ウレ、感動して、泣いた

 そのサイトには1人の人物がいた。

 彼は挑戦者だった(プロジェクトXのトモロウ風にな)。

 その勇姿に、ウレ、震えた。

 涙がとまらなかった・・・

 とりあえず、読んでみて。
 下のURLを叩いて、左のメニューから「活動報告」をクリック。手始めに「No.002 玉子×12」を読んでみよう。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1653/

追伸 ジャンルは「病気」にしてみた。
posted by カナユニ at 06:39| Comment(10) | リネ1-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DK

いま、仕事が終わって電車の中。

車窓のかたわらでカナユニ日記更新って、かなり違和感あるなあ。

携帯だから、サイト更新というよりも、メールの気分だ。

ま、いっか。

いまさらながら、DKについて考えてみる。

当たり前だけど、レベル49から51までの、300%が問題になる。

時間0.4%として、750時間。クラハンもあるだろうし、狩りばかりするわけでもない。死んだりもするから、所要時間を四割増しで計算すると、1050時間か。

いま、戦争ばかりで狩りしてないが、イン時間は週に10-15時間くらい。

この時間を全て狩りにすると、一年半〜二年でハゲか。

えええ!

無理じゃんp(^^)q

posted by カナユニ at 00:08| Comment(2) | リネ1-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

非常事態

携帯からの更新を覚えて、ちょっと嬉しい。

調子にのって、どんどん書く。

野坂あきゆきという作家がいる。
彼は戦争中の飢えの体験から、いまでも自宅の地下室に非常用の食料、水が蓄えられている。

日常的な食事と並行して、地下室の物資も消費しながら、鮮度(?)を保つ。

凄いなあ、と思う半面、意味あんのか?とも考える。
彼は有名人だ。地下室の食料についても、このとおり周知されてしまっている。

万が一、非常事態になった「野坂の地下室いけば、食いもんあるぞおぉ!」ってなるんじゃないの?

非常用の備えになってねー。

彼はキチガイなところがあるが、当たり前だけど、頭はいい。
そんなことが分からないわけないから、あの地下室は、戦中のトラウマに対する、自分なりのケアなんだと考えて、無理矢理納得させてみた。

posted by カナユニ at 18:14| Comment(0) | リネ1-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怒りが流行ってるみたいだから、ウレもヽ(`д´)ノ

 たまには真面目に嘆いてみるか。

 ってか、怒ってみるか。

 俺はよく、ゼンチャで美しく叫んでいる。
 なぜ、美しいか?
 ピュアなラブがあるからだと思う。

 今日も「あすっちゃいたら、wisplz。とても大事な話がある」とゼンチャした。

 もちろん、目的は告白のつもりだった。
 愛だよ、愛。
 決まってんだろ。

 そしたら、wisがきたんだ、ソイツから。ソイツってのは仮名な。


ソイツ:質問いいかな?

ウレ:あい

ソイツ:NSの傘下になるつもりなの?



 俺、ここまで読んだときに、真面目に「NSがうちの傘下になるのかな?」と思った。
 いあ、あすっちゃやDispenseがうちの傘下ってありえないのは765000000%分かってるよ。
 この日記読んでる人は、笑っちゃうよね。

 でもさ、俺にとってみれば、湖の食堂がNSの傘下になるとか、15648798500%ないわけで。

 で、俺がアタマ悪いこともあって、NSがうちの傘下になりたいのかぁ、とボケたわけだ。

 ま、それはいいんだ。
 いずれにしろ、両方ともあり得ない話ってことを理解して、次に進もう。

 wisの続きを紹介する。


ウレ:は?

ソイツ:大事な話ってゼンチャしてたから



 あ、子供か・・・
 たまにいるんだよなぁ。


ウレ:なるわけが、ないぽ。今日は少し酔ったから、あすっちゃと愛を語りたかっただけだから

ソイツ:なら、良かった。だってさ、NSの傘下とか情けないじゃん



 傘下になるつもりはないけど、情けないとか、人に言われたくないでぶ。
 ま、いいよ。
 言いたい人もいるんだしね。

 でも、あまり気分のいいもんじゃない。ゼンチャで騒いで「バカ」とか「死ね」とかのwisはよく来るけど、そっちは結構好き。

 なんか、したり顔の評論家が、生理的に受け付けないんだよね。

 で、俺、今日はちょっとリアル嫌なことがあって、機嫌悪くてさ。
 普段は訊かないようなことを質問したんだ。


ウレ:NS傘下とかないよ。ってか、君も反NSなんだよね?



 俺は、あすっちゃもDispenseも実は好きだ。

 あいつら居ないと、多分、明日にもリネやってないくらいに、重要。

 火山好きな人たちは、火山にイフいなかったら、体感的に20%くらい狩場変更すると思う。
 イフと喋る人はいないけど、イフ=火山な人って多いはずだ。
 俺にとってのNSって、つまりはそういうもんなんだよ。

 ま、一応は対外的には反NSだからさ、当然、湖の食堂は反NSなんだけど。
 で、上の俺の質問に対しての答えが、ビビったんだ。


ソイツ:いや、俺は反NSでも、NS友好でもないよ。


 えええええええええええええええええええ。
 SHのえへん虫じゃないけど、思わず叫びそうになったよ。

 NSの傘下が情けない、正しいって評価は各人あるだろうから、別にどーでもいいよ。
 でもさ、人に「NS傘下は情けない」と言うってことは、明らかにNSを敵視していることだし、さらに「情けない」という視線には「本来抗うべきなのに、諸般の理由によって屈した」であろう相対評価が含まれているのは自明だ。
 であれば、自分も反NSから派生したなんらかのベクトルを示すべきだと考えるのは、俺が狭量なのか?

 いずれにしろ、機嫌の悪い俺は、さらに続けた。


ウレ:OK。なら、このwisのss、そのまんま公開していい?

ソイツ:やだ



 おいおい!
 人がNSの軍門に下ると情けなとか評論してて、自分は安全地帯かよ!

 いや、NSのAllKillとか、実はなーんも起こらないから、どっちも安全地帯なんだけど、それって、どっちが情けないんだよヽ(`д´)ノ

 でね、この後、俺は異常にムカついて「全部さらしてやる」とか突っかかったんだ。
 ソイツは「自分にとって、NSは反でもなければ友好でもないし、モメる意味もない」とか言うのよ。

 なんか妙に頭にきて、大人げないとは思ったけど「絶対に、コイツのクランを反NSに仕立て上げてやる。勝手に同盟組んでやる」と思ったんだ。酷いよ、ああ、酷いよヽ(`д´)ノ

 で、俺、しょーもないから、ネチネチいじめてしまったさ。「おいおい、人に情けないとか、精神論まで踏み込んでおいて、自分は関係ないで通ると思ってるのか? 甘ちゃんもたいがいにしておけよ。俺は今日、機嫌がすこぶる悪い。だから、言いたいこと言うが、君みたいな小市民的発想が一番嫌いだ。お前も明日から反NSだ。ケケケケ」みたいなことを、俺は言い募った。

 そしたらさ、ソイツ言うのよ。「DKなるの夢だった」とか。

 素朴な語り口でさ、寂しそうに言うのよ。

 俺さ、我にかえったよ。

 俺、やってること最低じゃん。

 反NSとか言いながら、こうやっていつのまにかNSを利用しているんだなぁって。

 リネに限らず、虚構の世界でムキになったら負け、と俺は思っているから、もう、ダメなんだけど。

 でも、ムキになってしまった。
 恥ずかしかった。

「バカ」とか「死ね」とか「ウザイ」とか「偽社長のくせに」とか、そういうwisはいくらでもカムだけど、小市民的な評論家ってさ、ほんとにみっともないし、馬鹿馬鹿しいし、腹が立つ。

 でも、この日、俺の方が、100倍みっともなかった。醜かった。

 あああああああああああ、でも、また、思い出して怒ってきた。
 リアルでまじ、嫌なことあったんだよ、ごめんね。

 思うんだけどさ、incredibleってあるじゃん?
 反NS筆頭と呼ばれている先鋭的な戦闘集団。マフーとか、キノコパワ一とかいる。彼らは、日常的に「反NS応援してます」みたいなwisが、きっと山のようにくるだろう。

 おそらく、キノコパワ一はなんて返事していいか分からないことが少なくないと思う。

 キノコはいいヤツだから「ありがとう」って言うかもしれない。
 テラ蔵は大人だから、絶対にないことを知ってても「良かったら、クランにもおいで」と言うかもしれない。魔王切り裂きも「一緒にオラオラしようぜ」くらい胸襟開くのかもしれない。yuuji007は馬鹿にしそうだけど。ま、それはいいとして。

 increだけじゃないよ。

・中華排除まっさりの頃。

・死神ゼロにも、沢山wisがきたと思う。

・「中華排除がんばってください」「ありがとうございます」って。

・彼はひねくれているから「wisしないで、便箋ください」って言っていたかもしれない。

・子供なところがあるから「身元のしっかりしてる人としか、話しません」とか言ったかもしれない。

・けど屈し(ちがああああああああああああああああ

 でもさ、なんか分かるなぁ。

 いや、言っちゃいけないことだとは思うが「自分を安全地帯に置いて、人のプレイスタイルに茶々入れる低脳」が、ほんとに嫌いなんだなぁって改めて自覚したよ。

 興奮してて、すまんな。

 って、こういうメッセージ、ずっと昔に書いたことがあるような、そんな既視感がある。
 デジャブっていうの?
 前に怒って、俺なんか書いたっけ?

 ごめん、リアル嫌なことがあってさ、ちょっとダメだわ。


投票して慰めろヽ(`д´)ノ 
posted by カナユニ at 04:43| Comment(10) | リネ1-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OTとハイネ

 なんか、飲み会の連絡あるからインしたら、OTとハイネ戦争だった。

 で、OT行った。
 葵が守ってて、知らない人たちが攻めてた。
 ウレもjazzyと行ったけど、意味わからなかった。

 で、ハイネにスイッチ。 
 サルモネラが主導権握っていたので、勝手にヘルプしてみた。

 そしたら、ナの国が襲い掛かってきて、戦ってみた。
 ナの国、いつも助けてくれるけど、敵になってみると、痛いなんてもんじゃない。

 ウレ、すぐ死んだー。

 で、NAがとったー。

 そんな感じ。

 関係ないけど、ウレっちゃの日記おもちろい><
 右のリンクから行けるので、gogo。

投票ちゃんヽ(`д´)ノ 
posted by カナユニ at 01:34| Comment(2) | リネ1-戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。