2007年07月13日

良識の府とか言ってるけど変な機関

参院選、はじまったね。

一応、二大クランとしては自民、民主。

でもって、自民の同盟クランである公明があって、共産、社民、国民新党というクランが続く。

今回の攻城戦はリネでいえば「公募でどれだけ数が集められるか?」が勝負。レベルや装備は関係なく、ゼンチャとBBSの技を競う。

wis(金ばら撒く)は基本的に禁止だけど、シリ鯖(日本)はなぜか戦争で負けないとBANされない(パクられない)という不思議なシステムだから、wisや詐欺、裏切り、捏造なんかも当然ある。

今回の戦争は、教育、憲法、外交、少子化などなど、いろんな争点があるが、自民のプリの安倍っちゃが税収(年金)を着服していたことで、政権が揺らいでいる。

税収戦争なのである。

ベータ時代から、安倍っちゃはレジェンドに言わせていた。

070712aden.JPG
※ベータんときアデンなんかねーよ、という突っ込みはナシの方向で。。。

もちろん、戦争参加した回数は人によって違い、貢献度が高い人がたくさんお金がもらえる。
民主的な取り決め、のはずだった。

そして「誰が参加したかを管理するために、Dispense庁をつくる。でも、これは運営するのにお金かかるから、税収からちょっと貰うよ」となった。

みんな、CPTやwisでは「ぶーぶーでございます」など文句は言っていたが、決まってしまうと素直なクラン員(国民)ばかりだから「あーい」となった。

さて、アデンの長期防衛を続けていた自民クラン。
レベル50以上のキャラも増えてきた(少子化と高齢化により年金への関心が高まってきた)。
当然、狩場で死亡して、しょぼーんとする人も出てきた。

戦争参加当時はlev45ではあったが、大活躍していたナイト。
彼が50になってから慣れない新狩場で死んだとき、Disepense庁に問い合わせをした。
ウレ、ちんだー。アガタいくから、お金ちょーまい!






このとき、事件は起こった・・・






070712jousiki.JPG

ナイト、びっくり。
だって、戦争毎回参加して、貢献度では1位だから!
Dispense庁を信じて、稼いだアデナは全てPOT代にした。
老後のことは全てDispense庁に預けて、ただただ戦争で白く光り続けた。戦った。
宵越しの金を持たない、典型的なナイトだったのである。

Dispenseは「管理料」をとりながらまったく管理をせず、あまつさえ税収で得たアデナはOEしちゃって目減りしていた(3セクみたいなもんに、がつんがつん金突っ込んだ)。さらに逆らったらallkillだ、と無茶を言った。

さすがに安倍っちゃが「いあいあ、ちょっと待って。今回、俺が悪かった。とりあえず、なんとかするよ」と取り繕ったはいいが、さすがにクラン内外では不満の嵐が吹き荒れた。

ここを突っ込んでいるのが、民主の小沢パワ一(おざわぱわいち、と読む)。

前から言ってますが、最初から信用できなかったんですよね。私は今回の攻城戦、負けたら引退しますよ。みなさんももう一度考えてみてください。あんなクランに好き勝手やらせていて、本当に楽しいですか?

このゼンチャにシリ鯖はどよめき、安倍っちゃは「そういう勝敗ラインとかナンセンス」みたいなことをボソボソとつぶやいた。

┏(^o^)┛あぶない!!

今回の戦争では、公募ということもあり、クラン規約が大切になる(というのが建前だが、ほんとに規約が大切かどうかとなると、うーん・・・である)。

しかし、自民、民主、共産、社民、国民新党という各クランともに、公示したクラン規約の「アデン税収の使い道」については、ほとんど一緒だ。

レジェンドに要約させてみた。

070712dis.JPG

つまり、マニフェストを見る限り各クランに違いはない。

もちろん、改革の手順や予定、資源の配分方法については各クランとも違うが、まぁ、方向性としては似たりよったり(背景となる政策や既得権益との兼ね合いがあるから、ほんとはかなり違うんだが、表面上は一緒という方が正しい)。

つまり「どれだけ信用できるか?」というのが争点になる。和解しておいて、また斬りつけてくる自民クランに、シリ鯖の連中はうんざりしていた。

それに、いくらプレイヤーの義務とはいえ、毎回規約を確認する人間なんぞいやしない。いても、死神ゼロみたいな奴ばかり。

マニフェストはなければ困るものであり、大切だとは思うのだが戦争(選挙)においては意味が薄い。
というか国民の関心も含めて検証スキームが出来上がっていないから意味が無効化されている(と私は思っているが、公約違反について厳しい罰則規定を設置するなど、新しい流れが出来れば、政治家にとっては恐ろしいことになり、我々にとっては喜ばしいことになるが、これはまた別のお話。ってかその前に小選挙区制をどうにかしてほしいし、その前に投票率があがるような強引な法律を作るべきだ)。

そして、奴らは政治のプロではなく、戦争(選挙)のプロである。

安倍っちゃのクランの幹部たちは、このところBlogでキチガイな発言をしたり、ssを捏造してみたり、無茶苦茶をやった。
これが2chで叩かれまくり、ここ数ヶ月は混乱を極めた。
失言して謝罪や閉鎖したblogは数知れず、RMT疑惑の説明もせずにリネージュ永久引退まで発生した(戦後初となった閣僚の自殺事件について、あきらかに外圧がかかっていたし、それに安倍が噛んでいないわけがないと私は個人的に思っている)。

キャンスティングボードを握りたい、社民党や国民新党などの動きも今回は重要になるだろう。

弱小クランでも、動き方によっては、戦局に大きな影響を与えるチャンスである。

まぁ、共産党だけは「自分たち以外は全部敵!」といつもの調子だが。

追伸 カテゴリはなぜか「レジェンド」
posted by カナユニ at 14:18| Comment(3) | リネ1-レジェンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

レジェンドの赤ちゃん

以前、戌神の日記に「カナユニがレジェンドの卵(子供)をゆで卵にして食べた」と書かれたことがある。

60f16be6.bmp
http://blog.livedoor.jp/under13/archives/50741216.html より転載

これも酷い話で、無精卵だったから食ったんだ。
有精卵なら、いくらなんでも茹でません!!!

ま、それはいいとして。

先月のGWのこと。

大阪の戌神家からレジェンドとレジェ美が遊びにきたのは、以前にこの日記でも少し触れた。

彼らは1週間ほど滞在し、デカプリンを食べたり、ケンケンパーをして遊んでいた。もちろん、戌神家では制限されているリネもたっぷり楽しんでいた。

500円玉を1枚あげると、夫婦で連れ立って、近所の100円ショップに買い物に出かけたりもしていた。
レジェンドはチリトリをレジェ美はチャッカマンを自慢げに差し出してきた。東京の記念とのこと。
相変わらず意味ワカンネ。

まぁ、彼らなりに東京の空気を楽しんだようだった。

帰り際、なぜか神妙な顔つきの2人(?)

生き物なりに惜別の情にでもとらわれているかと思っていたら、そうでなく、おずおずと何やら物体を差し出してきた。

卵だったorz

レジェンド曰く「今度のは有精卵だから、食ったらダメだお。ちゃんと育てるんだお」とのこと。

毛布にくるんで、直射日光が当たらないところに置けば孵るという話だったので、そうしてみたら、1ヶ月ほどして、ほんとに赤ちゃんが生まれた。

子馬は生後数時間で立ち上がる、レジェンドもなかなか侮りがたいもんがある。

よく分からないが、レジェ坊主と名づけ「レジェぼう」と呼ぶことにした。

070602-rejebo.JPG

今後のこともあり、戌神に電話をしてレジェンドにつないでもらう。

「無事生まれたかお?」とは言われたが、父親になった感慨もなさそうで、すぐに世間話をはじめるレジェンド。

070602-reje.JPG

ずいぶんとライトですね、お父さん。

大阪で覚えた新たな味覚である、たこ焼き、ドテ焼きの話しかしないので、無理矢理レジェぼうに話を戻し、今後の飼育方法なんかをヒヤリングしようとしたら「スカイプで仲間に呼ばれたお。グリム出てるからダッシュするかお。もう切るお。戌神んちは1日1時間しかリネやっちゃいけないから貴重なんだお」と早口に言われて一方的に切られた。

人間と違って、レジェンドは赤ちゃんを手元で育てないのだろうか? と考えながら、とりあえずレジェぼうにデカプリンを与えてみると「キュムキュム」と鳴きながら食っていた。
posted by カナユニ at 21:29| Comment(0) | リネ1-レジェンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

レジェンド目覚める

君はレジェンドの雄たけびを聞いたか?

虚匠、戌神が放つ衝撃の問題作、ついに公開。

レジェ美(勝手に名前つけられてるw)が妊娠中のため、夫婦の営みを拒まれたレジェンドがたどり着いたその(安易な)結論とは?

レジェンドのまん丸頭に描かれた、完璧なる神の戦略がついえた瞬間とは!?

カウンター越しのドラマは、新宿御苑を背に急転直下で進んでゆく。

友情出演した盟友シェルラズの渋い演技も見所。

怒りのレジェンド、ついにNS連合会議を招集!!!

そして・・・衝撃のラストシーンへ。






もうちょっとで殺せるお・・・・



















あっ






本編はシネマ戌神にて好評上映中。

http://blog.livedoor.jp/under13/archives/50726349.html ← 一字一句を見逃すな!!!
posted by カナユニ at 19:45| Comment(0) | リネ1-レジェンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

レジェンドについて

2006年ドイツワールドカップの時に、ブラジル代表のエースストライカーであるロナウドが太りすぎていると、槍玉にあがっていたのを覚えておられるだろうか?

そして、ふがいない戦いを続けるセレソンに、ついに地元ブラジルのタブロイド紙がブチ切れた。
「ピッチに妊婦は要らない!」という見出しから始まるロナウド叩きの幕開けである。

読みようによっては妊婦を貶めている、と言われそうな記述であるが、個人的には妊娠している女性に対してリスペクトする気持ちはあるし、記事の引用は体型の丸さという客観的事実を重ねただけだと解釈している。

「生鮮売り場のミッドフィルダー」「産婦人科の点取り屋」といったレトリックにも諧謔はあるんで、まーあまり目くじら立てずに先に進もう。
ってか、進んでくれ;;

私は外見こそオヤジであるが、精神的には極端に幼稚で「にんぷ」という語感が気に入ってしまった。

最強軍団セレソンの看板FW。

ここに、背景としてはシリアスな怒りを含んだ「にんぷ」という置換を与えるのは、詩学でいうところのニ物衝突の驚きがあるまいか?

にんぷ。

撥音(ん、のこと)だけでも危険度が高い語感に加えて破裂音(ぱぴぷぺぽ、のこと)でトドメをさした3文字の桃源郷。

この取り合わせをシュールと言わずに、何をかいわんや。
ブルトンがシュールリアリズム宣言を発表してから80と余年。
ついに来たのか、と思ったもんだよ。

ワールドカップ期間中はもとより、終わってからも数ヶ月、ことあるごとに「にんぷ、にんぷ」と連呼していた私は、会社で「手嶋さん、正直、ぜんぜん面白くないし、しつこいし、気持ち悪いです」と女性スタッフから指摘された。

しょぼーん。

で、前置きが長くなったが(前置きだったのか?)、さきほど、レジェンドを調べていたら、去年の10/7から、この日記に「あの顔」で登場するようになっている。

http://kanauni.seesaa.net/article/25047497.html ←レジェンド初登場

5ヶ月以上引っ張ってるのか俺・・・我ながらしつこ過ぎる・・・

けど、屈することなく「リネ1-レジェンド」というカテゴリを追加してみまふた。
posted by カナユニ at 18:59| Comment(0) | リネ1-レジェンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

上品なおばさんがヌイグルミをくれました

俺「おい、シェルラズが日記でなんか書いてたけど、あれどうなの?」

レジェンド「そんな話したくないんだお」

俺「そか、ま、色々あるんだろうな。ところで、お前、人間だっけ?」

レジェンド「そんな話したくないんだお」

俺「そか、ま、色々あるんだろうな。ところで、この間、土手行ったじゃん? あんとき、なんか上品なおばあさんと話をしていたけど、あれ、なんなの?」

レジェンド「俺がいつも裸だから、お洋服もらったんだお。お金持ちなんだお」

俺「ほー、良かったな。見せてみろよ、もらった洋服」

レジェンド「いいお」

070311-le.JPG

俺「へー、半ズボンけっこう似合うな」

レジェンド「ヌイグルミもくれたんだお」

俺「良かったな。で、LOG連合はどうなるの?」

レジェンド「だから、そんな話したくないんだお」

俺「そか。ごめんな」

レジェンド「許さないんだお」

俺「泣くなよ」

レジェンド「レンたんは、きっとまた復活するんだお」

俺「そうだな」

レジェンド「ほんとなんだお!」

俺「わかったから、もう寝ろよ」

レジェンド「カナユニは明日、早いのかお?」

俺「まぁまぁね。あー、夜は酢豚と飲んでくるから、ちょっと遅くなると思う」

レジェンド「そーかお。俺は明日もたんぽぽだお」

俺「知ってるから、いちいち言わなくていいよ」
posted by カナユニ at 03:50| Comment(0) | リネ1-レジェンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

070306_203848_M.jpg

週末のことだ。

庭に置いたポリバケツが不用意に開いていた。

いつ、死神ゼロが500円くらいで雇った刺客が襲ってくるか分からないわけで、僕は油断せず蓋を慎重にズラした。
中を見ると、猫が見つめ返していた。

おりしも雛祭りだったため、食材のバラエティは富んでいた。
カニカマ、エビ、ほぐしシャケ、シーチキンなどを与えてみた。

横で見ていたレジェンドが「俺の御馳走なんだお。あげたらダメなんだお」と騒ぐので、猫が入っていたバケツに、レジェンドを逆さまから突っ込んでおいた。

うーうー言いながら、時折震えるバケツはどこか滑稽である。

僕は猫の観察に集中することにした。
首輪のあとがあり、飼い猫だったものがなんらかの事情により野良化したと思われる。
体型は丸い。
ぷくぷくに肥えた球体が、複数の食料提供者の存在を暗示している。

カナユニ家もスポンサーに名を連ねることにして、毎日猫缶を与えることにした。

満腹になった猫が姿を消したあと、思い出してバケツを開けてみる。

レジェンドは逆さまになったまま、いびきをかいて寝ていた。

起こしたら、泣いた。

寝起きはだいたい泣くのである。

ねりきりで作られた雛人形のお菓子をあげると、機嫌をなおし、ペロペロといつまでも舐めていた。

春を告げる強い風が、雪代縁のように吹いていた。
posted by カナユニ at 14:29| Comment(2) | リネ1-レジェンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

竜討伐に挑戦。

討伐隊はGH、湖、酢豚組、公募の30人で編制。

他に、サルモネ、カリーのアデン巡検、拒絶の十傑などの協力をあおぎ合計60人ほどでヴァラカスに行く。

まーったく歯が立たないので、パプリオンに変更。

070301-r1.JPG

パプリオンの方が若干弱い気がするが、それでも似たようなもん。

撤退、特攻を繰り返し、だいたいこんな感じ。

070301-r2.JPG

うーん。強いなぁ、竜。

倒せなかったし、倒せる気がまーったくしないが、楽しかったよ。参加してくれたみなさま、ありがとう!

ところで、みんなレジェンド欲しがるんだけど・・・

070301-le.JPG

禁止の家はけっこう多い。

家に犬か猫がいる、妹がレジェンドアレルギー、前にレジェンド死んでそれからやめた、みたいな断り文句も聞くね。

学生さんだと親から「生き物はダメでしょ!」と言われるし、一人暮らしをしてもマンションは大体レジェンド禁止になってる。

山形の方で野生のレジェンドが畑荒らしたニュースもあったけど、ああいうのも悪い影響を与えているんだろうなぁと思ってみたり。
posted by カナユニ at 14:55| Comment(3) | リネ1-レジェンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

刻めサウンドを、掴み取れもののふの魂を。折れない心もて、羽ばたき駆け抜けろ伝説たちよ、語り継げ黒き戦士がおりなす創世記の美しきその詩を

はぁるぅかぁ♪




空ぁ響いてるぅ♪



祈りはぁ〜♪











奇跡にぃにぃにぃ(*ノノ)











チャンチャカチャンチャンチャンチャカチャンチャンチャンチャカチャンチャンチャンチャカチャンチャンチャンチャカチャンチャンチャンチャカチャンチャンチャンチャカチャンチャンチャンチャカチャンチャンチャンチャカチャンチャンチャンチャカチャンチャン








みんなさ、ブラウザは何を使ってる?

私はFireFox。

お気に入りのwebを、タブ形式で一斉に表示できるので、重宝している。

セキュリティホールもIEに比べれば1/100くらいだし。

ただ、最近は難儀することもある。

【リネのお気に入りblog】というディレクトリがあって、ここに常時チェックしているblogを15くらい登録してある。

毎日、一斉に開いているわけだ。

するといきなり「はぁるぅかぁ♪ 空ぁ響いてるぅ♪」ってのが襲い掛かってくる。

言わずとしれたシェルラズ日記のテーマソングである。

最近までは、歌声が聴こえるたびに恐ろしくなり、読まずに閉じていた。

妨害なのか!? と思ったりもしたが、とにかく怖いから閉じていた。

ところがある日、閉じる前にふと私の後ろでアザラシのように寝そべっているレジェンドをみると、目をつむって、うっとりと聴きいってるではないか。




070227-re.JPG





ええええええええ、レジェンド、おまっ、レン様ミュージックが好きなのか?!



うーん。ま、あれか。考えてみれば、シェルラズとレジェンドは同じクランだから、嗜好も近いのかもしれない。

シェルラズ日記開く → 怖いから急いで閉じる → レジェンド残念そう

みたいなことを繰り返しているうちに、あの曲、けっこう好きになってきちゃった><

http://blog.plaync.jp/hystericmoon.slog ←レン様ことシェルラズblog
posted by カナユニ at 23:02| Comment(2) | リネ1-レジェンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

手を離れたレジェンド−終章−旅立ちの日

※レジェンドからコメントで突っ込み入っていたので修正したのを赤字で追加しておいた

先週かな?

LOVE子とwisをしているときに「カナユニのblogは、最近、妄想がひどくてついていけねーぞw」と言われた。

妄想ってなんのことか分からなかったんだけど、どうもレジェンドのことらしい。

クラン員も「プリの創作レジェンド日記みてます」とまったく本気にしてません。

いあ・・・あの・・・レジェンドの話は創作でも妄想でもなく、事実なんですが・・・

レジェンド本人も自分の日記でちゃんと「カナユニの家に住み着いてからはや三週間目」と書いている。

http://blog.plaync.jp/legend.slog ←正真正銘のレジェンドの日記

タンポポ乗っけるバイト先では、仕事の丁寧さをかわれ、いまでは売上管理までしているとか書いてあった。

そういえば最近はスーツなんかも着てて、どこで拾ったんだろう? と思っていたんけど・・・

成長していたんだな、レジェンド(;_;)

もう俺が面倒みなくても、立派にやっていけるね。

最後にいくつか。

もちろん、言われなくても分かっていると思うけど、ビジネスの先輩としてレジェンドに助言させてくれ。

売上管理をしているならば、その解析結果をマーケティングデータと連動させて、1年を通してみよう。
マーチャンダイジング的な基本スケジュールを組めば、もっと計画的ですばやい動きができるようになると思う。上層部は問題意識を持っているようだけど、部外者の私からみれば、「経営計画」という視点が現場にまで浸透していない一番の要因は「季節ごとに変わるアクション」が明文化されていないからだと思う。

それから、マネージメントと管理の話。
勤怠管理や給与体系の話ばっかりに注意が払われているけど、本来は各論で論じるべき問題じゃないんだよ。多くの経営者がここ勘違いしてるけど。
さらに言えば、サービスという視点が抜けている。
設備産業じゃないんだから、スーパーも基本は接客にある。
全スタッフがマインドを共有し、モチベーションを高めるたまには行動指針を店内で決めた方がいいだろうね。
たとえば、リッツカールトンのミッションステートメントなんかが役に立つと思うから、一度、見てみるといい。パートも含めて「全員で意見を出して決める」というのが重要だから。

そうそう、具体的な問題についても触れておく。
近所にできた上場企業の大型スーパーにどう対抗していくか、今悩んでいると言っていた、あの話だ。

売上が30%ダウンか。現状の延長で改善しても、劇的な変化は望めないのは、レジェンドも薄々分かってはいるだろ?

前に君が家に持ち帰ってきていた、エリアマーケティングのコンサル会社が提出した資料を眺めていたんだけど、この地区はかなりの高齢化が進んでいるね。

「商品のライフサイクルは終わっている」といって、宅配型の商品群をばっさりと捨ててしまった君の上司である開発部長の発想が、実は15年前でとまっているのが、一番のネックだと最初に認識しよう。
高齢化が進んで、終わったはずの商品の需要が息を吹き返しているのは、5ページのデータを「場所」で考えずに「イベント時との来客偏差」で並べ替えると、浮かび上がってくるはずだから。

たとえば、ターゲット層を高年齢に特化したスーパーにする、などはどうだろうか?

廃止した宅配事業に経営資源を再配分して、あくまで例えばだけど、仏壇や保険あたりの商品も扱う。
自前じゃなくていいんだよ。外部の会社に出店してもらう。オファーのあったあの2社「スーパーに需要はない」という理由で簡単に断っていたけど、もったいないよ。市場ニーズから逆算するプロダクトイン(※プロダクトインなんて言葉なかったw マーケットインが正しい)の発想と、作ってから売り先を考えるプロダクトアウトがある。別にどっちかに偏る必要はなく、どっちも取り入れて売上を拡大しよう。

高年齢にターゲティングする、というのは市場そのものの開発に近いから、ま、どっちでもないかもしれないが。

エリアが競合して、品揃えと資本力で勝てないなら、同じ土俵で勝負すべきではない。大手がゼネラリストたらんとするなら、こっちは何かを捨ててでも、特化した分野で1位になるべきだ。花王とライオンの経常利益だけど、1人あたりの利益で考えると8倍違うって知ってた? これ、ライオンと花王の社員の能力が8倍違うわけはないんだ。市場1位と2位の違いが、どれだけ業績に影響するかという良い見本だと思う。

ともあれ、戦略を実現するため、いくら正しい戦術を用いても、使う武器がちゃんと機能しなければ、ビジネスは前に進まない。

武器の手入れ(君の上司の開発部長への根回し)がまずは最初の難関になるだろうけど、レジェンドならきっとできると思うよ。このあたりの謀略はシェルラズの方が得意だから、彼に相談してみるといいよ。

※結局、レジェンドは開発部長ではなく、自派(?)の流通部長を経由して企画書をあげて、改革プロジェクトのリーダーに任命されたらしい。
posted by カナユニ at 15:38| Comment(1) | リネ1-レジェンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

静かな暗い怒りが僕を包んでいます

ADSLを光に変更する手続きとかも、すっごい面倒で無理な私ですが、それどころではない、とんでもない問題に直面しています。

会社の事務は、会社のスタッフがしてくれますが、個人のものはそうはいきません。

自分の手を汚さない(え?)と前に進めないのです。

だから、私は、自分のことは自分でやります(中学生にも「当たり前だ馬鹿」と言われそうだけど、気にするな)。

さて、本題。

私の自宅はマンションの影に隠れて、ひっそりと建っています。

どうも、マンションのオーナーが道楽で作った建物みたい。

で、隣のマンションに住む山●さんと郵便物が間違われます。

山●さんの住所は

●●区●●2-31-23プルコード101
※別に住所さらしてもいいんだけど、山●さん面識ないし、まったく関係ない人だから

うちの住所は●●区●●2-31-24エステードプルコード101

似てるでしょ?
並べてみるね。

2-31-23プルコード101 ←山ちゃんの家
2-31-24エステードプルコード101 ←ウレの家

名前つけたの、どこのキチガイだよ・・・

ちなみに、私の家はマンションでもアパートでもなく、二階建ての一軒家。
写真は庭なのか駐車場なのか分からないが「勝手に使っていいよ」と大雑把なことを言われているスペースの先に、ぽつねんと建つ住処である。

070214_164125.jpg

ちなみにこのフリースペース、比較的暖かい日にはレジェンドが鞠を蹴ったり、ビニールシートを広げて「一人ピクニック」をして遊んでいる。

ま、外見は民家というよりも、妙なショップやバーにも見えなくもない、いかにも三流の詐欺師が住んでそうなところ。

070214_165638.jpg

ちなみに、中からみるとこんな具合。

070214_162549.jpg

これを「エステートプルコード101」などと101をつける神経が信じられない。

NS系でもDispenseくらいだろ、こんな頭あったかいことしてるのは。

プロコードって意味わからんし。
プルプルしてる配線かなんかですか?(はい、怒ってますよ、ごめんなさい)

いま、管理会社に問い合わせたところ「その住所で相違なし!」というので「いや、絶対に変ですから、もう1回大家に確認してください。てか、どっちか名前変えませんか?」と交渉している最中。

ま、私は自宅をよく引越しするので、大切な郵便物はすべて会社宛にしてる。

それに、家人や知人には「大切な書類は配達証明とか簡易書留で」と言ってあるので、大きい被害があるわけじゃないんだけど、それでも非常に気持ち悪い。

ってか、紛らわしいネーミングを推奨した、いくいくちゃん政策のバチですかね?

私はあと4年、この物件を占有しないとならないことになっていてで暮らす予定です。

いずれにしろ、NSへの憤りで胸が張り裂けそうです。
posted by カナユニ at 16:20| Comment(3) | リネ1-レジェンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

あの日僕は-3

いつもは22時になれば、バイト先のスーパーから戻ってくるレジェンドの姿がみえない。

いないなら、それはそれでいいやと、切れた煙草を買いに出た。

家を出てすぐの電柱の陰。はみ出したブリブリのケツがみえた。

レジェンドいるじゃん。

おおかた、変なテレビにでも影響されたんだろう。
何を考えているか分からないが、無視して通り過ぎようとすると、腕をつかまれた。

「普通は心配して優しく声をかけるんだお」

「なんだよ?」

僕は投げやりに言葉をかけた。

「もう、えんえんとお刺身の上にたんぽぽ置き続けるアルバイトは嫌なんだお」

「それで一人で黄昏れてたのか?」

「ちがうお。追っ手から、逃げてるんだお」

「テラ蔵やキノコでも出たんか?」

僕は侮蔑の笑みを浮かべた。

「リネじゃないお!リアルだお!カナユニは生活がリネ中心のあんぽんだから、そういう発想になるんだお。キショイんだお」

レジェンドに言われたくねーよと思ったが、あまりイジメるとすぐ漏らすから、質問をかえた。

「たんぽぽのバイトが嫌で逃げてきたのか?」

「違うお。仕事はちゃんとやったお。でも、辞めたいから、あがってから就職活動したんだお」

「22時過ぎでか?!」

「そーだお」

うーむ、前々から常識とは無縁であったが、ここまでとは。

「俺、NCJで働きたいんだお。だから、バイト終わってから、恵比寿ガーデンプレイスのNCJに面接行ったんだお」

「そ、そのカッコでか?!」

僕は裸んぼのレジェンドをみつめた。

「そしたら、うわーレジェンドきたあ、とか言われて、警察呼ばれたんだお」

そりゃそうだよ(:_;)

「で、逃げてるって、警察からか?」

「そーだお」

保健所かもしれねーぞ、と言いそうになったが僕は口をつぐんだ。
あきらかに精神に変調をきたしているレジェンドを刺激してはまた面倒なことになる。

「まあさ、NCJもそのうちレジェンドにスカウトかけるよ。ビニールもレジェンドのために格調高い推薦文書いてくれるって言ってたし。金のDEなら、取締役も狙えるだろうし」

「ほんとかお?」

普通に考えれば、意味不明の励ましも、レジェンドには響くらしい。最近知った。

「さあ、いつまでもそんなとこに立ってないで、家入れ。さっき買った、イチゴのお菓子も食っていいから」

レジェンドはまんまるな顔に不細工な笑顔を浮かべると、家に向かって走り始めた。
posted by カナユニ at 23:52| Comment(1) | リネ1-レジェンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

前も紹介したけど

前も紹介したけど「やっぱエルフでしょ?」というblogが本当に面白い。

http://blog.livedoor.jp/yappaelf/

書き手の女性はincre所属なんだけど、敵対であるところのシェルラズとのwisが圧巻で、そうとう読ませる。

っもう、それはグイグイ読ませる(興奮するな馬鹿)。

この筆者はおそらく教養人で、バランス感覚にも優れた才女だと思う。

経験則では、私はこの手の女性に毛虫のごとく嫌われるんだけど、ま、それは別のお話だから今日はいいか(しょぼーん)。

ネゴシエーションのやり方も、確認確認で、ハーバード流交渉術を彷彿とさせる。

ま、本人は「交渉なんてしませんよ。単に疑問をぶつけただけです。深読みされても迷惑です」と言うかもしれないが。

電波だ馬鹿だと言われているが、私はシェルラズって頭いいと思う。

ただ「シャルラズ本人が思っているほどは利口ではない」のが最大の弱点ではあるまいか。

説得あるいは懐柔といった一時的な戦術は、テクニックに負うところが多く、知恵者は普通にしてるだけで力を発揮してしまう。

発揮するではなく、してしまう、ね。

発揮してしまうがゆえに、障害全般に対する把握がゆるくなる。
結果的に、周りが馬鹿に見えてしまうんだろう。

気づいた時は偽者の友人に囲まれ、本当の敵が現れている、という状況は別にリネに限った話じゃなくて、よくあることだ。



分かっているんだお・・・

でも、あんときはNSと組まないと、むここちゃんと戦えなかったんだお・・・
むこちゃんが嫌いなんだお・・・

いちいち突っ込まれても、困るお・・・
正義正義と自分に言い聞かせるのも実は大変なんだお・・・



とは、なかなかに言えないんだろうし。
シェルラズも辛いところだろうね。

ところで、ひょんなことから、今、私の自宅にはレジェンドが住み着いている。

言わずとしれたシェルラズの盟友である。

レジェンドが「レンたんはレンたんで大変なんだお・・・カナユニは、おばかな日記で煽ったらいけないんだお・・・それはいいとして、今日はマシュマロを食べたいんだお・・・イチゴのやつが食いたいんだお・・・」と泣いていた。

私は複雑な気持ちのまま、嗚咽をもらしながら時折ぷるぷると震えるレジェンドを見つめていた。

le.JPG

こいつ、いつまで裸で過ごすつもりなんだろうか? と思いながら・・・

「じゃあ、お刺身にたんぽぽ乗せるアルバイト行ってくるお・・・」そう言ってレジェンドは、ひょこひょこと内股で歩きはじめた。

彼の後姿が次第に小さくなり、プリプリのお尻が見えなくなるまで僕は見送っていた。

夕暮れの赤い光が、レジェンドの歩いた道をことさら強く照らしているような気がした、そんな冬の日のことだった。
posted by カナユニ at 20:54| Comment(1) | リネ1-レジェンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

あの日僕は-2

狂気の哺乳瓶(白ぽ入り)レジェンドが、僕のアパートに住み着いてから、一週間が過ぎた。

平和と安息に満ちていた暮らしは、遠い昔のようだ。
レジェンドの一日はリネージュにはじまり、リネージュに終わる。

高額ドロップがあれば僕が寝ていても、ぎゃーぎゃーわめき立てて起こし、自慢する。

インクレやサルモネをみけると奇声をあげて興奮する。

リネージュに飽きると、僕の蔵書を持ち出しては読み耽る。

とはいうもの、理解をしているわけではない。一度朗読させたところ得意げな顔で「漢字を飛ばして、ひらがなだけ」を読み上げたことから、発覚した。

火、水、精霊などの漢字はなぜか知っている。

一度、敵対について質問したことがある。
レジェンドが言う最低のクランとは「このくいどう」というところだ。
最初はなんのことか分からなかったが「湖の食堂」のでたらめ読みであることが判明したのも、この朗読事件からだ。

ただ、リネージュのスキルだけはなぜか高く、みたことのない狩場でサクサクとボスらしきものを倒してはご満悦なレジェンド。

一度「装備をみせてみろ」と詰め寄ってみたが

カナユニは敵対だから、装備みせちゃダメなんだお

などと、誰に吹き込まれたか知らないが、生意気に拒否しやがる。

頭にきたのでメシを抜いてみると、この世のものとは思えない絶叫をあげ、近隣から苦情が殺到。僕を根負けさせた。

基本的にレジェンドは嫌がらせは得意なのである。

ちなみにレジェンドの主食は、うまい棒、たまごかけごはん、ナルト、でかプリン。

おやつはミルキー、チュッパチャプスなどの知性のかけらもないおしゃぶり系である。

漏らすからやめろと言っても、大量の水をごくごく飲む。結果、三日に一度はオネショをするのである。
posted by カナユニ at 17:05| Comment(1) | リネ1-レジェンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

あの日僕は・・・

東京に大雨が降った冬の日のことを、きっと僕は忘れないだろう。

夜も更けたころ、引っ越したばかりの不慣れなキッチンでハムエッグを作っていた。

くずれてしまった黄身は、いつも僕を取り返しのつかない気分にさせる。

たとえばある日悪魔がきて「黄身をくずさずにハムエッグが作れる保証をお前にやろう。何日分の寿命と引き換えならば、それを望む?」と耳元で囁いたら、僕はなんと答えるのだろうか。
そんな物思いにふけっていると、玄関から激しくドアを叩く音がした。

来客の予定はなかったはずだ。
インターフォンを鳴らさずにドアへの物理攻撃を開始する、そんな野蛮人の知り合いはいない。

いや、たくさんいるorz

大阪から半裸のまま鉄パイプを持って襲撃してきたビニール

放浪の末1ヶ月ぶりにアパートに戻ったら、知らない人が住んでいて宿を失ったまほおつかい

良太に無理やり魚介類を食わされて、あがり狂っちゃったキノコパワ一

誤解だ誤解だ俺は違うんだぁああああと叫びながら警察から逃れてきたデーニッツ

リネージュの知り合いたちの顔が脳裏によぎる。

恐る恐るドアを開けると、予想に反してそこには変な生き物がいた。

「寒いんだお」

生き物が発した第一声である。

唐突さもさることながら、珍妙なその姿に身の危険を感じ、急いでドアを閉めようとした。

その瞬間のことは今でも鮮やかに覚えている。

彼(生き物?)は一瞬消えると、気がついたときには僕の背後に回っていた。

敵となったDioと再会したときのポルナレフの表情を思い出して欲しい。

「な、なんで消えた後に、家の中にいるんだよ、お前!」

凍てつく豪雨の中、彼はぷるぷると震えながら、同じことをつぶやいた。

0702osoto.JPG

生き物の名はレジェンド、そして突然僕の背後に回った技(?)のカラクリは「自分を透明状態にするマントを羽織っていた」ということ。

文法という概念は完全に欠落しているであろう、カタコトの日本語を操るレジェンドから聞き出せたのは、たった2つのことだった。

「出ていけよ!」とか「どこから来たんだよ! 飼い主に連絡するから教えろ!」など、おそらくレジェンドにとって都合の悪い話題には、とぼける。

こんな顔をして。

0702kyoton.JPG

ストーブの前でぬれた体を乾かしながら「カナユニの部屋はぬくぬくなんだお」などとつまらない独白をしたかと思えば、僕の大切な夜食であるハムエッグを断りもなく食べてしまうなどの暴挙に出たり。
部屋の中を走り回っては、ぎゃーぎゃーと騒ぐ。

ちなみに、食べる速度は遅い。そして、よくこぼす。

ここで、彼の身体的特徴に触れよう。

レジェンドの背丈はそれほど高くない。

成人男子の腰の下あたり。直立歩行をするので上背はあるが、デブった大きめのワンちゃんを連想すると、当たらずとも遠からずといったところだ。

0702gensun.JPG
↑↑↑
大体、こんな大きさ

力ずくで追い出そうとして、何度か捕獲を試みたが、そういうときだけは敏感に気配を察知する。

「透明になるマント」の脱着を繰り返しながら、ケツをブリブリと振り、逃げ回る。

やや内股で小走りに駆ける。

稀に「w」などと挑発的な発言をするのが、すこぶるムカつくのである。

いっそ、殺してやろうかと思ってハンマーで殴ってみたが、回避率が異常に高く、稀に命中しても硬いためダメージはほとんどない。

僕はこうして諦念に包まれたまま、この珍妙な生き物との共同生活をよぎなくされた。

LineageLink ←くりくりまんじゅうくりまんじゅう
posted by カナユニ at 14:54| Comment(2) | リネ1-レジェンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

かわいい><

1/20のキャティーちゃんblogで、カウンターディテクされて出てくる敵対かわいい><

http://blog.plaync.jp/today/56160.slog

一瞬、キャティーにディテクされてレジェンド出てきたのかと思った・・・

こんな顔して・・・

070120leg.JPG

レンたん、LLでランクアップしたいんだお。その4つのPCで押してほしいお
posted by カナユニ at 14:16| Comment(0) | リネ1-レジェンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

虚実皮膜論

リネージュで、好きなキャラが出来る瞬間っての、あるでしょ?

どんな時かい?

歩き回る中華を眺め続けていて、ゲシュタルト崩壊した瞬間?

ビニールが白チャで酷いこと言ってるとき?

良太のゼンチャ?

まぁ、人それぞれだろう。

私は、最近になってお気に入りキャラが新規追加されたので紹介しようと思う。

と、その前に、先日鑑賞した歌舞伎の話をちょっとだけ聞いてくれ。

演目は「菅原伝授手習鑑」の「寺子屋」。

せまじきものは宮仕えなり」という名セリフで有名なあれだ。

吉右衛門が溜めに溜めて唸っていたよ。

ってか、ウレは教養ねーから、歌舞伎座で酒飲みながら「うひゃひゃひゃ。言ったー言ったー」とか騒いでるだけだけどな。
はいはい完全に良太です。本当にありがとうございました。

まぁでも、初代吉右衛門生誕120周年記念ってことで、中村吉右衛門と松本幸四郎が共演。
これを初めて観れたのは、アスタジオからzelとdaiが一緒に出た、みたいなレア感はあった。

菅原伝授手習鑑の原作は二代目竹田出雲・三好松洛・並木千柳の3人による合作であるが、近松門左衛門作の『天神記』が下敷きになっている。

近松門左衛門の足跡ってのは偉大だね。

彼が確立した表現手法で「虚実皮膜論」というのがある。

要約すると「創作においては、事実を完全に描写するのではなく、多少事実と外れるところがミソ」ということである。

で、前置きが長くなったが、この近松のメソッドを2chで展開しているログを見つけたので、転載する。

レジェンドのこれだ。

061006re.JPG
※seesaaのblogだと、アスキーアート崩れるからssにした。


イイ!

個人的に小児性欲発達の第2段階あたりのギャグはあまり好きではないのだけど、本気で「なんて素晴らしいんだ」と感動したよ。

言うまでもなく、この「あっ」こそが近松イズムを継承する見事な描写であり、限度を超えたカタルシスが私に襲いかかってきた。

アスキーアートもおにぎりみたいで、可愛く仕上がっているのもポイント高めΣ('-'っ)っ

傑作と呼ばれる芸術作品って、ほんとに隙がないというか、行き届いていると思う。切なくてため息が出るよ。

正直に白状すると、オーフェン、雪代、Jings、レジェンドといったNS系の前衛って、実はほとんど区別がつかず「戦争で出てくる怖い人」というイメージしかなかった。

上の作品は、レジェンドという人物を私の胸に強烈に刻みつけて、忘れさせない。

ってか、レジェンドかわええ;;


lineageLink ←ぶーん
posted by カナユニ at 20:09| Comment(11) | リネ1-レジェンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。